すぐにヤラなきゃ損をする

どうしてもエッチがしたい!でも相手がいない。だから今日も家に帰って一人悲しくエロビデオでも見て。。
と考えている多くの男性必見の「すぐエッチできちゃった体験」を披露するのは隆史(23歳)。

隆史がいつもムラムラっときたときに利用するのが専用の出会いアプリ
まずは相手のプロフィールを見て、その子が即日エッチさせてくれるか否かを見極めるのだそうだ。

「やっぱ、女の子って案外真面目だから気持ちが文におどっちゃうんですよね。
だから”メールから”だなんて文言が入ってたらスルー確定。他当たりますね。
逆に今すぐにでもエッチしたいと思っている女性はそのままストレートに”会いましょう”と書き込んでいる場合が多いです。
僕が狙うのはそんな女性です。簡単ですよ」

そう語る隆史が扱いを最も得意とする女性は彼氏と別れたばかりの孤独感と寂しさに満たされた女性。

「彼氏と別れた後って、女友達といろいろぺちゃくちゃしゃべって哀しみを紛らわそうとするじゃないですか。
だけど結局気休めなんですよ。時間がたてばまた辛い思いでと悲しい現実にうちひしがれる。
本当に心の傷がいえるのは身も心もゆだねることができる新しい男の存在でしかないんです。」

その考えのもと、隆史はつい昨日も出会いアプリから意中の女性をゲットしたらしい。

「いやぁ昨日の子はすごかったですね。別れた男性と6年近く付き合ってきて同棲もしていたのに別れを切り出された
らしくて。まさに身も心もボロボロの状態でした。だから思いっきり話を聞いてあげましたよ。うなずいて、頭をなでてあげて、ボディータッチも交えながら。気が付けばその日のうちにホテルに行ってエッチしてしまってました。」

罪悪感とかはないの?と質問してみる

「罪悪感?いやないですね。だって感じる必要ないですし。昨日の子もそうでしたけど、だいたいセックスしたら
みな気持ち良くなってスッキリして帰って行くんですよ。むしろ感謝されているくらいです。」

なるほど。
淡々と語る隆史ではあるが、しかし内実は女心の真を読みつくしたうえでのストラテジーがちらちら垣間見える。
要は即日エッチできるか否かはどのような女性にどのように狙いをつけどのようなアプローチで落とすかにかかっているようだ。

出会いアプリで恋愛相談

私の趣味は、出会いアプリで知り合った男性に恋愛のことを相談する事なんです。好きな男性に振られた時には、私のどこが悪かったのかを男性と一緒に話し合ったり、どうやってもっと魅力的になるかなど話すんです。

他には酒をもっと呑めるようになる方法を教えてもらったり、もうありとあらゆる相談をしています。出会いアプリの使い方としては、かなり、ずれているようですが、私にとっては男性に相談できるのがうれしくて助かるんです。

出会いアプリで知り合う男性は、体の関係を求めてくる人が多いのですが、そのような男性でも私の真剣な相談に、驚いたことに一生懸命聞いてくれたり考えてくれるのです。
それだけでなく、のちに相談の事について心配して優しいメールを送ってくれるなど気遣いをしてくれる人も多いんです。最初は私もすごくびっくりしたことですが、出会い系を使っている男性は相談に親身になってくれるんです。

東京や鹿児島など、私の住んでいる地域からは遥かに遠い地域の人が、会うことがそう出来ないというのに、相談していたら、心配して元気になるものを送ろうと言ってくれたり、実際にネックレスを贈り物としてくださるんです。

出会いアプリのなかにそんな親身な人がいるとは思わなかったのですが、でもちゃんといたんです。出会いアプリに悪い印象があるという人にも、ぜひ使ってみてもらい、相談事をしてみてください。こちらの真剣な気持ちを汲んでメールをしてくれる人は多いものです。

出会いアプリの自分撮り写真

出会いアプリに載せる自分撮り写真は、やっぱり可愛いものを選びましょう。自己プロフを見たときのその写真のイメージが相手にとって大事な情報になるので、自分お気に入りの写真を選んで貼って、様々な人からアプローチされるような人になりましょう。

綺麗な自分の撮り方をこれからご説明します。肌を白くて美しく撮るためにはカメラのファインダーの下に白のハンカチを置くといいですよ。白い紙、鏡など、光を反射するものを顔の下に用意することによって、白いものがより明るく肌を照らしてくれます。

写真を撮るときにライト板があるだけで、被写体の肌はより輝いて白く映ります。それにより、毛穴やぶつぶつが隠れてきめ細やかな白い肌に撮ることができるから、出来上がりを見ると反射光の効果を実感するはず。ライト板の役割をする白いものがあるかないかで、全く出来上がりが違うのでぜひ試してみてください。

また顔を小さく撮りたい場合は思いっきり近づいて撮るか、顔が小さく見えるよう肩幅がある服、襟がVネックの服を着て撮ってみましょう。少しふくよかな場合は、首周りの肉質からそれが分かってしまうので、顎の線が出ないように気を付けて撮影してみましょう。これで体の欠点を隠して、より綺麗に見せる自分撮りができますよ。